Home » lute, 自己実現, 喜び

大人じゃないみたい?

summer joy

こんにちは、宗生です。

ロンドンオリンピックまっただ中。
なでしこジャパンの決勝進出、マラソンの大敗など、
悲喜こもごもの毎日のニュースですね。

暑い夏もまっただ中。
お盆や終戦記念日など、魂の行事も続きますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

原爆記念日の先日、私は一日けっこう辛くて、
そのたびに自分に陰陽師ワークをして、
封印を解除したり、除霊をしたりしていました。

さて、先日の陰陽師体験会@東京で、
陰陽師ワークとアルケミカルトランスフォーメーションを、
いっしょに受けていただいた方から、
素晴らしい体験談をいただきました。

陰陽師とアルケミカルは、
時々、お問合せをいただくコンビネーションですが、
ズバリ自己実現系で最強の組み合わせです。

高次元のメッセージは常に「ワクワク」を伴います。

日々、あなたのワクワクをやり続けることが、
高次元の覚醒とともに三次元の大きな変容へと誘ってくれると、
宇宙からのメッセージも伝え続けています。

そのワクワクを発信する中心がハートセンター。

しかし、三次元での長い年月、
私たちはこのハートの声、ワクワクの声を封印し、
不安と怖れを克服することに注力してきたので、
自分の好きなこと、ワクワクすること、自分の心の真の声を
聞き取ることが難しくなっています。

そこでパワフルな陰陽師ワークの「排除」する力を使って、
この恐れのフィルターを取り除き、
ハートセンターの声を聞き取りにくくしているノイズを消し去ります。

その直後、アルケミカルトランスフォーメーションで
このハートセンターを強化し、センタリングすることで、
ハートの声をよりすっきり受け取れるようになります。

この体験談をシェアさせて頂きますね。

————————————

大石宗生さま

先日は、陰陽師体験をさせていただきありがとうございました。
体験ワーク後一週間を経たので、感想を送らせていただきます。

体験会、というスタイルのワークは初めてで、
初めてお会いする方々に観られながらのセッションは
とても緊張しました。

陰陽師の舞を見たくて初めは目を開けていましたが、
バン!と宗生さんが畳に手をついた瞬間に
目を閉じたほうがいいような気がして、
そこからは目を閉じて受けました。

目蓋のうらをうねるような気配が動き回り、
強い風の中に居るみたいに息苦しかったのを覚えています。

そして、続いてアルケミカルトランスフォーメーションの
セッションを受けました。
これは陰陽師ワークとは体感が違って、
上からどーんと圧をかけられているような感じ。

重~いみっしりとしたエネルギーが降りてきて、
私のなかへ染み込んでいった感じがしました。
ワークが終わり、目をぱっと開いた瞬間に、
凄かったです!という言葉が飛び出して、
自分でもびっくりしてしまいました。

何が凄かったのか自分でもよくわからなかったけれど、
すごくスッキリして
楽しい気持ちになっちゃっていたことは間違いありません。

その後部屋に入ってらした直子さんにも、
『何だかスッキリしたんですね。とっても楽しそうですよ。』
と言われちゃいました。

そもそも私は魂の望みと現実のギャップを埋めようとして、
この二つのワークを受けたわけなのですが。
ワークが終わったとたん、
「あれ?私の天願って、ひょっとして成就されてる?」
という思いが飛び出してきました。

良く考えたら、今の私は自分が望まない事は一切やってない、
ということは、私の願いって願うそばから叶っちゃってるってこと?
壮大な事は何も成し遂げてないようにみえるけれど、
ひょっとして今の私の在り様が、天願成就できているということ?

こんな思いが出てきたのは初めてで、とてもびっくりしました。
そうか、そうなんだ~!と思うと、なんだか嬉しくて笑えてきて、
その後、宗生さんが竹下さんに指導を受けてらっしゃるのを拝見するのも
楽しく感じられて、ニコニコと見学を続けました。

何だかキツネに化かされたような気分といいますか。
さっきまでギャップがあるからそれを埋めたいと思っていたのに、
良く考えたらギャップ自体が無かった???
ワークの何かが作用して、私の思考の塗り替えが起きたのでしょうか?
ここに、私の理屈では割り切れないワークの威力を見たような気がします。

そして、その、ご機嫌なハイテンションは、
一週間経った今でも続いております。
ワーク前と同じ日常で、
特に何か心浮き立つイベントがあるわけじゃないのに、です。

低学年の小学生のような、と言ったらいいのでしょうか、
朝起きたときからワクワクしちゃってるんですよね。
今日も楽しい一日がはじまるぞ~!といった感じで。

木陰が涼しいと嬉しいし、パン屋さんでパンを選ぶのすらワクワクと楽しいし、
暑い一日の終わりにシャワーを浴び終えてエアコンの部屋に入った途端に、
あ~人生最高!…みたいな。
なんて健全なのでしょう。大人じゃないみたい?

ひょっとするとこの状態が、宇宙と繋がっているという状態なのでしょうか。

あるいは、内面と繋がっているという。
どんな小さなことに対しても、
これが自由だ喜びだあああああ!と心が叫んでいて、
自分でも凄いテンションだなあ~と感心しております。
自分から常に感謝の波動が出ているのがわかり、
これって素敵な状態だなあ、と大満足です。

宗生さんのワーク、凄いですね。
陰陽師とアルケミカルの組み合わせは最強だ、
と宗生さんがおっしゃっていた、
あれはその通りだな、と実感いたしました。
素敵な経験を、ありがとうございました!

————————————

こちらこそ、ありがとうございました!

エンリケ・バリオスという作家がいます。
小さな宇宙人「アミ」シリーズや「魔法の学校」で著名ですね。
未読の方はぜひ読んでみてください。

これらの本の「語り手」は子供の姿だったり、
子供のような言葉で語りかけてきます。
まさにそんな感じで、高次元からくる心の声はまるで子供のようです。

朗らかで明るく、からかったり、冗談をいったりもします。
そんな子どもが、素晴らしい叡智を語ってくれるのです。

神様とかハイアーセルフとか、高次元とか言うと、
いかめしい年をとった存在を思い浮かべるかもしれませんが、
もちろんそういう存在にも変化できるのですが、
どちらかというとオトナコドモみたいな、そんな存在だと
私は感じています。

そんな心の声が開かれ、まるで子供みたいに、なんの心配もなく、
今ここに集中して、すべてを信頼して生きるとき、
宇宙の叡智は輝きだして、内と外を明るく照らしだしてくれます。

そのワクワクを、全部やっていると、
毎日のほとんどがワクワクになってしまいます。
やがて皿洗いも、洗濯も、買い物も、通帳記入も、
ただ歩いているだけでもワクワクになってしまうのです。

私も今から家の隣にあるスーパーに出かけるつもりなのですが、
そこの駐車場から海が見えます。
丘の上にあるので、青い伊勢湾が遠く広がってみえるのです。
それを見るだけで、心がウキウキしてきます。
なんだかわからないけど、自由って素晴らしいな!!と思えるのです。

ワクワクとは「間違い探し」みたいに探すものじゃなく、
ちょっとでもワクワクするものは全部やっちゃうこと。
ワクワクと感じられなかった乾いた心を蘇らし、
何の変哲もないことまでワクワクと感じられるように変わることなんです。

ワクワクは遠くにあるものじゃなく、
周りにいくらでも転がっています。

オリンピックでワクワクしたら、さっそくプールに行きましょう。
走ってみましょう。スポーツ用品店に行ってみましょう。
ロンドンに行きたくなって、英語を習い始めたっていいですよね。

あれがしてみたい、これを体験してみたい。
そんなことをどんどん発見し、味合うこと。
この世はでっかい宝島☆
まだやったことのない体験が目白押しです。

そんなことを改めて感じさせてくれた素晴らしい体験談でした。
感激しました!!

ではまた。

(追伸1)

私も最近市民プールに行っては筋肉痛です。痛い~。でもワクワク!

平泳ぎはいくらでも泳げるのに、クロールは苦手でした。
それが最近うまくなって来ました。おお、25メートル速いっ!
子供の頃は、泳げなくてプールが大嫌いだったのに、
いまやワクワクに変わっちゃいましたよ。

Leave your comment

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Archive