Home » lute, ご感想, 箱庭療法

あなたにとって箱庭療法とは?

IMG_0005_2

こんにちは、宗生です。

箱庭アンケートの続きです
今回のテーマは、

(6)あなたにとって箱庭療法とは?

☆無心になれるもの。

日常のストレスの中で、どんどん自分が分からなくなってしまうとき、箱庭・描画療法を行うと、落ちついたり、客観視できます。

☆自分の状態を的確に表すもの。

☆実体験をともなう行動療法でした。

家族療法でしたね。実体験をともなう行動療法でした。
深いテーマをワーク全体で「実際に」体験できたと思っております。
頭で、感覚だけで癒しが起こるのではなく実体験で、出来事として、癒しのプロセスが起きていくそれぐらいのパワーがあるのではないでしょうか^^

☆問題をあぶり出すもの。

「今 何が自分の中で問題なのか?」わからない時に問題をあぶり出して、教えてくれる。

☆面白いツール。

表現するのがすごく楽しかったという印象です。
楽しみながら気づいていける、面白いツールなのではないかと思いました。

☆自分でも気づいていない思いを表現できる宝箱!

☆自分自身へ戻る道を解放してくれる素晴らしいツール。

自分を客観的に知り、自分自身へ戻る道を解放してくれる素晴らしいツール。
自分の覚悟次第で、浅くもどこまでも深くも入っていけるすごいものだと思います。

☆自分の本質を見ることが出来るもの。

自分の立ち位置を確認するもの。

☆確実な方法。

自分の内なる声を宗生さんの力を借りて整理して気付ける優しいカウンセリング&確実な方法。

☆自分から気づき、癒しをしていくもの。

見えない自分、無意識化にある癖や心の傷を見える形に表現し、自分から気づき、癒しをしていくものだと思います

☆たからものをみるみたい。

☆自分自身の心を変容させていくことができるプログラム。

トレイを作ることで、自分の中で問題になっている部分を浮き彫りにし、そこに意識を向かわせることで、潜在意識からのメッセージを受け取ることができ、自分自身の心を変容させていくことができるプログラム。
創作活動が好きな私にとって、このプロセスはとても面白く、トレイ製作後の、自分の解釈、宗生さんの解釈を話し合う時間は癒しタイムとなり、セッション後はとてもスッキリしました。

☆宗生にとっての箱庭療法

私にとって、箱庭療法とは、「自分自身の真相を知るための鏡」です。

自分自身の真相とは、無意識の奥底に潜む、本当の自分であり、高次元の自分であり、忘れていた記憶の集積であり、思考と直感と感覚と感情の源泉となる深い意識レベルのことです。

さまざまな問題が起こるとき、それは何を意味するのか。なぜ、その問題が起こっているのか。どうすれば、そこから学び、自分の問題を手放して、真の自分になれるのか。

そんなことを知りたくて、私は箱庭療法という手法を自分のために使っています。

同様に、箱庭療法士としてセッションを行うときは「クライアント様自身により、ご自身の真相に触れていただく」ためのガイド役として、お手伝いをさせていただいています。

人生というのは神秘なもので、ひとりひとりの人生が全て意味のある物語、神話のように、私には思えます。一見意味のない出来事の連続のように思える中に、真の自分が無意識の中から織り上げ、作り上げていく人生の中に、意味のないことはないように、私には思えるのです。

箱庭療法のトレイにオブジェクトを置いていただくとき、それは魔法の鏡のように、深いレベルの意識がそこで何かを語り、顕在意識では気付かなかった真実を知らせてくれます。

そして、その意味を知った時、厄介に思っていた障害や問題が、実は自分を拘束している闇や影に気づき、自分でそれを癒やし、受け入れることで、拘束から自由になることを促してくれているのだと気づきます。

人生という物語は、すべて生命の源泉から始まり、生命の源泉に戻って終わります。

私達は、成長するに従って、自分を失いながら学び、経験を積み上げていきます。そしてある時期から、その経験を学びとしながら、再度自分へと戻っていきます。

真実の自分を知る。真実の自分に帰る。

それは人間がみな、生まれて死んでいくように、すべての人達に共通したライフサイクルであり、目標であり、プロセスであろうと思います。

もし、その道に行き詰まり、迷い込んでしまったら、そこから抜け出す方法を知っているのは、自分の中の自分、内なる自分しかありません。

しかしながら、箱庭療法とは、占いではありません。クライアント様が卦を立て、セラピストが占い師のように意味を告げることでは決してありません。

クライアント様自身が、自分で意味を見出していく。その手助けをしていくのが箱庭療法士だと、私は定義しています。

もちろん、私自身まだまだ至らないところがたくさんあります。スーパーバイザーより指導をいただきながら、自分の気付かなかった部分を指摘していただきながら、内なる自分を知る方法を学び合っていきたい。お伝えしていきたい。

そんなふうに思っています。

それではまた。

補足(2018.6):現在は直子より箱庭療法及び療法士養成コースをご提供しています。

リーブス箱庭療法

Archive