Articles in: イベント

Home » Archive » イベント

3月のための一斉無料ヒーリング

3月のための一斉無料ヒーリング

直子と宗生です。 夫婦で始めました、一斉無料ヒーリング。 今月も3月のための癒しを開催させていただきます。 シャーマニックヒーリングは、今、ここに生きているあなたへの霊の癒しと解放。 スペースヒーリングオーケストラは、新しく生きるためのエネルギーを日本中に広げるための癒し。 3月は4月からの新しい環境への別れと旅立ちを感じる時期ですね。 梅や桃や桜の花が硬い蕾から花開いていき、 大きな樹木そのもの . . .

2月のための一斉無料ヒーリング

2月のための一斉無料ヒーリング

直子と宗生です。 夫婦で始めました、一斉無料ヒーリング。 2月からのスタートのために2日間連続で開催させていただきます。 このヒーリングを始めた詳細などはこちらをご覧ください。 einetrie.com/?p=4773 2月3日節分、2月4日立春。 2013年のエネルギーが本格始動する時期に向けてのヒーリングです。 31日のシャーマニックヒーリングは、今、ここに生きているあなたへの霊の癒しと解放。 . . .

【東京】クリスマス特別企画★女神になるコラボセッション

【東京】クリスマス特別企画★女神になるコラボセッション

直子です。もうひとつお知らせしなければいけないことがありました!来週も東京に行きます。特別企画のため、ものすごくお得なセッション内容です。コラボレーションすることで、さらに豊かなセッションになりました。 【東京】クリスマス特別企画★女神になるコラボセッション ・12月21日(金)15:00~17:00 ・杉並区高井戸駅近くの会場(詳細はお申込み後にお知らせ) ・セッション料金 10,000円 当日 . . .

二つのヒーリングで行うこと

二つのヒーリングで行うこと

直子と宗生です。 無料一斉ワークとして今まで別々に行ってきた、直子のシャーマニックヒーリングと宗生のスペースヒーリングオーケストラですが、今回は年末ということもあり、また各々のワークの意味合いが明確になってきたこともあって、一体となって行うことにしました。 <二つの一斉ヒーリングを一体にした理由> もともと、スペースヒーリングオーケストラは、東日本大震災が起こった際、我々一人の力は小さいけれど、み . . .

11月スペースヒーリングオーケストラ

11月スペースヒーリングオーケストラ

こんにちは、帰国したものの時差ボケが治らない宗生です(笑)。 ロンドン滞在中、二回も現地のオーケストラを聞くことができました。 ひとつはロイヤルオペラハウスのバレエで「白鳥の湖」を、 もうひとつはロンドンコロシアムのオペラで「魔笛」を楽しみました。 どちらの演奏や演技も大変素晴らしく感動的だったのですが、 演奏されるホールもまたとても素敵でした。 音の響きも素晴らしく、目の保養になるくらい美しい内 . . .

無料一斉ヒーリング10月スペースヒーリングオーケストラ

無料一斉ヒーリング10月スペースヒーリングオーケストラ

こんにちは、ライトワーカーお仕事しまくりの宗生です(笑)。 お彼岸が過ぎて、涼しくなり、ようやく秋らしくなって来ましたね。 少し夏バテしていた体も、秋のおいしい食べ物を食べて元気を回復し、 年末、そして来年に向けて元気いっぱいに動き出したい。 そんな気持ちが満ちてきます。 さて、毎月1日に行っている、アイントライの恒例行事、 無料一斉ヒーリング「スペースヒーリングオーケストラ」のご案内です。 スペ . . .

9月スペースヒーリングオーケストラ

9月スペースヒーリングオーケストラ

こんにちは、宗生です。 残暑が厳しい毎日ですが、長い夏休みも終わりが近づいて来ました。 さて、毎月1日に行っている、 無料一斉ヒーリング「スペースヒーリングオーケストラ」のご案内です。 スペースヒーリングオーケストラとは、 「何かを受け取る」ワークと言うよりも、 「何かを発信する」ワークと言えます。 このワークへの参加者は、ちょうどオーケストラの演奏者のように、 お一人お一人の高次元存在がパートを . . .

スペースヒーリングオーケストラ:フォローセッションのご案内

スペースヒーリングオーケストラ:フォローセッションのご案内

終戦記念スペースヒーリングオーケストラはいかがでしたでしょうか。 この時期、ほかにも数多くの一斉ヒーリングが行われています。 人間の中に潜む、理不尽な暴力性を癒していくために、 多くのワーカーさんが動いています。 終戦記念日というと、日本の戦争だけが思い浮かびますが、 第二次世界大戦は文字通り、世界中が殺しあった戦争でした。 この日は地球でおこった悲惨な殺戮の歴史を思い出し、 癒すための日であろう . . .

Archive