創造の2018年を生きよう

創造の2018年を生きよう

2018/01/10 – 2:00 PM

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 2018年に私達が向かうべきところは、「創造」です。 創造とは、ひとりひとりが独自に自分の世界に生き、自分の道を歩き、自分を信じて生きるということです。 ひとりひとりが生きる世界が実現していくために、中心となるものは自分の喜びです。 自分がどうしたいか、たとえ根拠がなくても今これがしたいと思うことを感じることです。 自分が中心ですべて . . .

  • かつて光も闇もなく

    2017/11/13 – 5:24 PM

    かつて光も闇もなく 第一幕 終場 早朝の甲板(二つの儀式)より ソローの言葉: かつて光も闇もなく、一つの混沌としてありし時 叡智は全てであり、力は無限であり、時空は一つであった 真と偽との区別なく、善と悪のと区別なく、美と醜の区別なく 混沌に、それら求める意思目覚め、いつしか渇きとなりしとき 光と闇は生み出でた 光は光のみにてあらず。闇は闇のみにてあらず。 光の中に闇が生き、闇の中に光が生き、そして二人は生かされる . . .

  • 無条件の愛

    2016/07/06 – 3:19 PM

    無条件の愛 世界の中心に置かれている透明の地球は、 世界であり同時に自分でもある。 自分自身の危機的覚醒に直面し、 激しい抵抗と分裂の恐怖に圧倒される。 抑圧された、闇の感情が爆発的に流出し、 その激しさに身も心も凍りついてしまうほどだ。 剣が抜かれ、おびただしい血が流される。 世界から無いものとして、 無視され続けてきた怒りと憎しみが、 命がけの抵抗を示し、姿を表す。 決して外に出てはいけないと、 日の当た . . .

Latest Entries

恋愛, 結婚

幸せな結婚とセックス

幸せな結婚とセックス

セックスの相性は、結婚後非常に重要です。これがもとで、離婚に至る夫婦が圧倒的に多いのですが、結婚前は恋愛にのめり込んでいるので、セックスが互いに高まりあった状態しか経験していません。 しかし、結婚後、精神的に落ち着いてくると、セックスの相性の違いがだんだん明らかになってきます。セックスの相性とは、一言で言うと、性欲の強弱です。片方が強くて、片方が弱いと、どちらかが不満を持つようになります。セックス . . .

恋愛, 結婚

幸せな結婚をすると

幸せな結婚をすると

では「幸せな結婚生活」とは具体的にいうと、どんな生活なのでしょうか。 運命のパートナーとは、自分の抱いた理想をすべてかねそなえている相手というだけでなく、まさに「運命的」としかいいようのない、ドラマティックな出会い方をします。無数のシンクロニシティを経て出会います。 運命のパートナーと出会った多くの友人たちに、結婚までのいきさつを聞くと、ありえないような偶然がおりなす、すばらしい出会いを体験してい . . .

恋愛, , 結婚

愛と愛情の勘違い

愛と愛情の勘違い

愛は信頼や自由と一つのものです。 愛情は心配や不安、恐れとくっつきやすい。 愛だと思って、不安や恐れを流し込んでいる親がほとんどなのですね。だから、子供の側は、自分は信頼もされていないし、自由にもさせてもらえない。どこに愛があるのだろうかと不安になるのです。 もう一度、自分の中に「運命のパートナーと出会いたい」「幸せな結婚をしたい」と願う、その心の奥に「親から十分な愛を受けていない」という思いはな . . .

恋愛, , 結婚

親から愛を十分受けていない感覚

親から愛を十分受けていない感覚

このような「愛」で接する生き方を、二十世紀の親たちはしてきたかというと、残念ながらほとんどの場合、「愛情」で接してきました。子供の自立を促し励ますのではなく、自分の価値観を押しつけ束縛する方向か、あるいは放任するかでした。  どうやって育てたらいいんだろう。  子供が死んでしまったらどうしよう。  子供が病気になったらどうしよう。  子供が問題を起こしたらどうしよう。  子供が不幸になったらどうし . . .

恋愛, , 結婚

愛の不足の原因

愛の不足の原因

その方法をお伝えする前に、まずこのような「愛の不足」の原因はなにかについて考えてみましょう。 ほとんどの人が思い当たるのは「親の愛の不足」ではないでしょうか。「愛の不足」であって「愛情の不足」でないことに注意してください。ですから、ここには「愛情過多」も含まれます。 親が子供に対し、愛で接するか、愛情で接するかは大きな違いです。 親が子に、愛で接するとき、信頼と自由を根底におきます。 親が子に、愛 . . .

恋愛, , 結婚

愛と愛情の違いに気づく

愛と愛情の違いに気づく

すでに自分は愛に満たされていて、十分に満足している人はここは飛ばしていただいてかまいませんが、そうでない方はここで自分自身の中にある、愛の欠乏感、愛の不足感、愛の欲求不満を解消したい、埋めたい、補完したいという思いが、どういった影響を与えているかを考えてみたいと思います。 「思考現実化プロセス」においては、常に心の中の信念・観念・想念がそのまま人生における現実に反映されます。 ということは、「運命 . . .

恋愛, 結婚

自分の信念を観察する

自分の信念を観察する

もし、運命のパートナーと出会って、理想の相手と巡り会い、すばらしい結婚をして、毎日を愛に溢れた生活をしたいと思ったら、それにふさわしい信念・観念・想念を持てば、それが現実に反射して、そのような体験をするはずです。そう思っているのに、逆の体験をするなら、よくよく自分の信念・観念・想念を観察してみましょう。  「運命のパートナーがほしい(でも今はいない)」  →いないという現実を体験  「運命のパート . . .

恋愛, 結婚

運命のパートナーとは?

運命のパートナーとは?

まず、運命のパートナーとは実際にどういった相手のことを言うのでしょうか。 ここでいう運命のパートナーとは「自分にとっての理想をすべて実現している相思相愛の相手」のことです。 一人一人、理想の相手に求める内容は違います。そこには様々な要素があるでしょう。内面的な部分から外面的な部分まで、理想像は千差万別です。そのような理想の相手が、まずこの地上に存在し、出会うことは可能かどうか? 昔から、いわれてい . . .

Archive